民事再生と個人再生

もし任意整理では対応できないぐらいの借金がある場合には、他の方法で対応するようになります。それは民事再生や個人再生という方法を選択するのですが、この2つは基本的に同じ方法になっています。ただし、民事再生は個人再生に比べて手続きが面倒になっているという特徴があるので、会社経営などで借金をした場合には民事再生の方がよいでしょう。

ただし、個人で借金をした場合には、個人再生を選択した方が無難です。詳しい方法なども弁護士がきちんと説明をしてくれますし、面倒な手続きなどは基本的に弁護士が行ってくれるので、任意整理のときと同じように、弁護士選びがとても重要になるでしょう。そのため、インターネットや口コミなどで、よい法律事務所を探すことも大切なのです。もし変な法律事務所に相談をしてしまうと、逆に支払いが増えてしまいます。

残念ながら信頼できない弁護士も存在していますし、あまり知識がない弁護士も存在しているので、弁護士選びというのはかなり重要なのです。それから民事再生や個人再生という方法を行っていくようになるでしょう。もし個人再生や民事再生でも対応できない場合には、後は自己破産という方法しか残っていません。もちろん自己破産も弁護士に相談して行うようになります。

一般的な任意整理

最も一般的な債務整理の方法と言えば、任意整理という方法になります。任意整理はリスクが少ないですし、メリットが多いのでおすすめできるのですが、借金が膨れ上がってしまうと任意整理では対応できない場合もあるのです。そのため、できるだけ早く相談をすることが重要になると言えるでしょう。また、相談する弁護士を選ぶことも大切なので、情報収集も決しておろそかにしてはいけません

借金問題に関する相談をする場合には、通常お金に困っている人が大半を占めているので、相談するのにお金を取られるようでは誰も相談することはないでしょう。なのになぜ借金問題について弁護士が取り扱っているのかというと、弁護士に無料相談ができるシステムになっているからです。無料だからこそ相談する人が多いですし、実際に報酬を得るのは債務整理を行ってからになるのです。

よって法律事務所に相談をしたとしても、弁護士への支払いでお金を取られてまた借金をしてしまうという心配はしなくて済みます。他にもいろいろな制度が存在しているので、このような点もきちんと説明をしてくれる弁護士に相談しましょう。もし任意整理で解決することが難しい場合であっても、まだあきらめて自己破産を選択する必要はありません。

法律事務所で借金相談

借金をしてもすぐに返済できれば問題はないのですが、通常借金をする人というのは、お金に困っている人です。そのため、借金をしてしまうとなかなか返済できないという人も多いでしょう。このような場合にはどうすればよいのでしょうか。借金をした場合には、必ず返済をしなければいけませんが、返済が楽になる方法というのが存在しています。このような方法を債務整理というのですが、弁護士に相談をすることで債務整理ができるようになるのです。

ただし、債務整理は借金が減るだけであって、借金が帳消しになるわけではありません。そのため、人によっては借金が減っても返済が難しい場合があるのですが、このような場合には自己破産という方法を選択するようになるでしょう。自己破産をすれば借金の返済をしなくてよくなるのですが、税金に関しては支払いがなくなるわけではありませんし、必要最低限の物以外は全て没収されてしまいます。よってリスクも多いと言えるでしょう。

できるだけ早く法律事務所へ行って相談をすることで、借金が膨れ上がって自己破産するという事態を防ぐことができるので、返済が難しいと感じたら、まず債務整理に関して知識があり、信頼できる法律事務所を探しておく必要があります。借金は時間が経過すればそれだけ利息が高くなるので、できるだけ早い対応が重要なのです。当サイトでは法律事務所に無料相談をすることについての解説を行っていますが、特に借金の返済について触れています。