民事再生と個人再生

もし任意整理では対応できないぐらいの借金がある場合には、他の方法で対応するようになります。それは民事再生や個人再生という方法を選択するのですが、この2つは基本的に同じ方法になっています。ただし、民事再生は個人再生に比べて手続きが面倒になっているという特徴があるので、会社経営などで借金をした場合には民事再生の方がよいでしょう。

ただし、個人で借金をした場合には、個人再生を選択した方が無難です。詳しい方法なども弁護士がきちんと説明をしてくれますし、面倒な手続きなどは基本的に弁護士が行ってくれるので、任意整理のときと同じように、弁護士選びがとても重要になるでしょう。そのため、インターネットや口コミなどで、よい法律事務所を探すことも大切なのです。もし変な法律事務所に相談をしてしまうと、逆に支払いが増えてしまいます。

残念ながら信頼できない弁護士も存在していますし、あまり知識がない弁護士も存在しているので、弁護士選びというのはかなり重要なのです。それから民事再生や個人再生という方法を行っていくようになるでしょう。もし個人再生や民事再生でも対応できない場合には、後は自己破産という方法しか残っていません。もちろん自己破産も弁護士に相談して行うようになります。